ビフィズス菌と乳酸菌の違い

img_5630ea6190eb5

まずは“乳酸菌”という言葉について説明します。
乳酸菌とは分類上の菌種を指すものではなく慣用的な名称です。

“発酵によって糖類から50%以上の乳酸を産生すること“と定義されています。

ですがビフィズス菌は乳酸菌の一種かというとそうではありません。

N-004-2
ビフィズス菌も乳酸を産生しますが酢酸の産生量の方が多いため乳酸菌では無いとされています。

他の生物学的性質も乳酸菌とは異なる点が多いのですが、乳酸菌として分類されていた時期があり、

発酵食品などの実用的な面においては今でも乳酸菌の一種として扱われることがあります。

こんな分かりづらい両者ですがどこが違うのか、詳しく表にまとめました。

ビフィズス菌乳酸菌
属名(菌の形状)Bifidobacterium属のみ(Y字型またはV字型)Lactobacillus属(桿状=細長い)Streptococcus属(球状)など
酸素に対する性質偏性嫌気性(酸素があると生育できない)通性嫌気性(酸素があっても生育できる)
主な産生物乳酸、酢酸乳酸を50%以上
主な生息場所ヒトや動物の腸管ヒトや動物の腸管、乳製品や漬物などの発酵食品、植物表面
ヒト腸内の生息数1~10兆個1~1000億個

ビフィズス菌は、現在32種類に分類されており、そのうち人間の体内で確認されているのは約10菌種です。

その中でも代表的な4菌種とその特徴を紹介します。

・ビフィダム菌
整腸作用や悪玉菌の増殖を抑制する作用の他、ビタミンB群の生成やコレステロールを吸収する働きが認められています。

・ロンガム菌(ロングム菌)
多くのヨーグルトに使用されているビフィズス菌です。大腸まで届いて善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす働きに優れています。

・アドレスセンティス菌
主に成人の腸に棲んでいるビフィズス菌です。健康な腸内で働き、ビタミンを合成する働きがあります。

・ブレーベ菌
乳児の腸内のビフィズス菌の中でも多くを占めている菌で、特に抗アレルギー作用が高いといわれています。

ビフィズス菌と人

人や年齢・腸内環境により、棲んでいるビフィズス菌の数や種類は異なります。

実は、生まれたての赤ちゃんの腸内は“無菌”です。

ですが、生後5~7日目にはビフィズス菌が増え始め、特に母乳を与えられた赤ちゃんでは腸内細菌の90%を占めるようになります。

N-004-3

ところが、離乳食が始まると他の細菌が増え始め、1才ぐらいでビフィズス菌は半減します。その後年齢とともに減少し、成人ではビフィズス菌の割合は10~20%になります。

しかし、前述の通りビフィズス菌は腸内環境を大きく左右され、最適なビフィズス菌の割合は腸内細菌の20%といわれています。

多くの成人では10%程度というのが現実だそうです。

腸内のビフィズス菌の割合いを20%まで上げる事ができれば、体の免疫やアレルギー、便秘など

多くの症状が改善される事が分かっています。

N-004-1

ビフィズス菌がどれほど重要な役割を持っているかを頭の片隅に置いておいてください(^^)

こちらの記事でビフィズス菌の増やし方を書いています。

ビフィズス菌20%を目指そう!! 4つの効果と正しいふやし方

シェアして日本の腸内環境を改善する!

必ずあなたに合った乳酸菌サプリが見つけられる!ニノ厳選の乳酸菌サプリ一覧

当サイト管理人のニノが成分・効果・実績を吟味して100種類以上の乳酸菌サプリから厳選したオススメをご紹介。

あなたの体改革のお供に乳酸菌サプリをご利用ください。
期間限定価格もあるのでお早目のチェックをオススメします!


「あなたの乳酸菌はここで見つかります!!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です