自分の腸内乳酸菌を育てて健康を取り戻す3つの方法 

sodateru

「人には人の乳酸菌」こんなキャッチフレーズを聞いたことはありませんか?
見たことない方はこちらを確認してみて下さい。

各個人で腸内菌の様相は異なります。各人で増えて良い効果をもたらす乳酸菌種と、定着せず排泄される乳酸菌種があります。

ではどうすれば乳酸菌によって腸内環境を改善して健康になれるのでしょうか?

答えは腸に住んでいる乳酸菌を育てる事です。あなたの腸内にも乳酸菌が確実に存在します。

その乳酸菌を活性化させてやれば定着率は100%です。

活性化できれば長期間にわたり善玉菌がもたらしてくれる美容や健康の効果を最大限享受する事ができます。

現在とても注目されている分野です。

本記事は、乳酸菌を育てるという概念と、その3つの方法と効果をまとめました。

乳酸菌と人の関わり

私たち人間は皮膚、肺、腸などで常在菌と呼ばれる菌と共生しています。

特に、腸内にはヒトの細胞の数よりも多い100兆個を超える常在菌がおり、その重量は約1.5 kgとされています。

その中にはビタミンを産生する菌、食物繊維を分解する菌、正常な便通を維持する菌など、ヒトにとって有用な菌が多数存在しています。

そこで、私たちはその有用な菌である乳酸菌を増やそうとヨーグルトを食べるわけですね。

確かにヨーグルトを食べると乳酸菌は殖えて、その結果増えます

ですがヨーグルトの中の菌が棲みついて増えるわけではないのです。

乳酸菌を食べてもその菌のほとんどが私たちの腸に棲み付かず、口から入った乳酸菌のほとんどが排出されます。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、そのヨーグルトを食べるのをやめると便の中からいなくなるという実験データがあります。

このことは、ヨーグルト中の乳酸菌が腸内で繁殖し定着していないことを示しています。

ですので、「腸まで生きて届く乳酸菌」も生きたままの状態で便として排出されます。

ただ、滞在期間は菌種やその人(腸)との相性により異なります。(カスピ海ヨーグルト中のクレモリス菌は2週間も腸に留まっていたというデータがあります。)

カスピ海ヨーグルトについて
カスピ海ヨーグルトの効果・効能と選ばれる理由

では、どうすれば腸の中の乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やすことができるのでしょうか?

乳酸菌を育てる3つの方法

自分の乳酸菌に「エサを与えること」「負荷を与えないこと」です。そのためには次の3つが重要です。

○ 食物繊維を摂る
○ オリゴ糖・グルコン酸を摂る
○ ヨーグルトなどの乳酸菌入り食品を摂る

それではその理由をご説明しましょう。

①食物繊維

食物繊維には腸内の有害物質を排出し、悪玉菌を減少させる働きがあります。

この働きにより、間接的に乳酸菌などの善玉菌が活発になります。また、食物繊維をエサとする菌もいます。

N-008-2

食物繊維をとるには当サイトがオススメしているの方法はイージーファイバーで摂取する事です。

おそらく最寄りのスーパーでもお買い求めいただけます。

できるのであれば、キャベツやさつまいも等の食物繊維を豊富に含んだ野菜を食べるのが一番良いです。

ただ、実際問題、毎日大量に野菜を食べるというのは非現実的な場合が多いです。

②オリゴ糖・グルコン酸の摂取

どちらも乳酸菌やビフィズス菌のエサとなる物質です。

特にオリゴ糖は大腸まで届くうえにビフィズス菌の大好物です。

ゴボウ、乳製品、バナナ、たまねぎ、アスパラガスなどに比較的多く含まれるので食事のメニューに取り入れるといいですね。

当サイトでのオススメしているのは

カイテキオリゴで摂取する事です。

プレーンタイプのヨーグルトの甘味としてオリゴ糖をプラスすることは、腸内細菌学の世界的権威・光岡先生も推奨しています。

オリゴ糖も食物繊維と同様で毎食摂ろうと思っても大変です。

このようなサプリで摂取した方がはるかに安く、効果が高く、お手軽に実践できて継続ができます。

オリゴ糖だけでなく、グルコン酸も善玉菌のエサになります。

有機酸の中で唯一、大腸に到達して善玉菌の増殖と悪玉菌の抑制に作用して腸内環境を整える事ができます。

味噌や黒酢、大豆、ロイヤルゼリーなどに多く含まれます。

特にハチミツ大豆はオリゴ糖とグルコン酸の両方を含むのでおすすめです。

N-008-1

食べやすさとしてははちみつをオススメします。(ヨーグルトともバッチリの相性ですね。)

楽天で調べると国産はちみつが送料込で1,620円(5/22現在)のようです。

楽天ではちみつを見てみる

近くのスーパーで買えるようなはちみつでも全く問題ありません。

気に入ったもので試してみましょう。

③ヨーグルトなどの乳酸菌入り食品

実は、乳酸菌は複雑な栄養要求性を持つので何でもエサになるというわけではありません。

しかし、こういった食品は乳酸菌の繁殖に適している食材なので、そのままエサになります

また、含まれる菌体やその成分が腸内の乳酸菌やビフィズス菌の増殖を助けてくれます

自分の菌との相性が合わない場合がありますので、2週間ほど続けても調子が良くならない時は別の商品に変えてみることをおすすめします。

数いる善玉菌の中でも、特にビフィズス菌が健康に与える影響は大きいといわれています。

乳児期では腸内細菌の90%を占めていたビフィズス菌が、成人期には10%高齢者では1%まで減少しているというデータがあり

この減少をいかに緩やかにするかが健康へのポイントといえるでしょう。

個人差はありますが、20%を維持することが必要だといわれています。

まとめ

口から乳酸菌やビフィズス菌を摂取しても、あまり腸内に定着することはありません。

そのため、元々から自分の腸内に棲んでいる菌(共生している菌)を元気にし増やす事はとても効率的です。

N-008-3

心がけ次第であなたの乳酸菌を元気にすることができます。

特にビフィズス菌は健康に影響を与えるといわれているので、オリゴ糖を積極的に摂取するといいですね。

善玉菌が増えて腸内環境が良くなると、さらに善玉菌が増えやすくなり、好循環がおこります

良好な腸内環境は免疫力アップにつながり、健康増進につながります。

ぜひ自分の乳酸菌とよりよい共生関係を持ち、免疫力をアップさせましょう。

シェアして日本の腸内環境を改善する!

必ずあなたに合った乳酸菌サプリが見つけられる!ニノ厳選の乳酸菌サプリ一覧

当サイト管理人のニノが成分・効果・実績を吟味して100種類以上の乳酸菌サプリから厳選したオススメをご紹介。

あなたの体改革のお供に乳酸菌サプリをご利用ください。
期間限定価格もあるのでお早目のチェックをオススメします!


「あなたの乳酸菌はここで見つかります!!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です