乳酸菌の効果 なぜ体に良いのか

saikin

乳酸菌が何故体によいのかご説明してきます!!

善玉菌悪玉菌が腸内でどのように働くのか、腸内のどの部分を正常にすればよいのか。
とっても基礎で大切な部分なのでご注目です!

乳酸菌はなぜ体に良いのか?

腸内には約100種類、合計にすると100兆もの腸内菌が生息しています。

その内訳はこんな感じです。

N-018-3
・善玉菌  10%~20%
・日和見菌 70%~90%
・悪玉菌  0%~10%

善玉菌はご存知の通り「乳酸菌」が代表です。
日和見菌はバクテロイデスが最大勢力。
悪玉菌はウエルシュ菌など。

これらが腸内の陣取り合戦をしています。

日和見菌というのは善玉菌でも悪玉菌でもなくて状況によって態度を変えるスネオみたいな奴。

善玉菌が優勢の時は「ふーん」と言わんばかりに様子見で、悪玉菌が優勢の時はとたん善玉菌をつぶしにかかる

まさに腸の中は大戦国時代なわけです。

善玉菌と悪玉菌の戦いの先には

善玉菌が優勢の時は、腸内の状態は善玉菌が過ごしやすい酸性であり、悪玉菌にはとても居心地が悪いのです。

逆に悪玉菌が作り出すアンモニア硫化水素、インドールスカトールの悪臭物質の中では善玉菌は生きていくことができません。

つまりこの菌たちは、腸内の状態を自分にとってすごしやすいように変えるべく陣取り合戦をしているわけですね。

うーん人間と一緒ですw

N-018-1

そこで、私たちがしなければいけないことはこの善玉菌を応援する事です。

応援する方法はたくさんありますので。

善玉菌が増える事によって得られるメリット

腸内フローラという言葉があります。

腸内フローラとは腸内に生息する腸内細菌の集合体の事です。

この腸内フローラの様相が肥満、便秘、肌荒れなどに大きな影響を与えるといわれています。

この腸内フローラこそが先ほど上に書いた善玉菌や悪玉菌、日和見菌の集合体であり善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)優勢にする事によって体調が大きく改善されるわけです。

N-018-2

善玉菌の割合を10%程度から、25%~30%程度まで上げる事ができたのであれば体に奇跡が起こります。

免疫力の向上、美肌、便秘の解消、そしてそして肥満の改善に貢献できるというわけであります。

善玉菌を増やすには?

あなたも善玉菌を増やしたくなったはずです。
増やす方法は簡単です。
乳酸菌をとりましょう
さらには、食物繊維も同時にとりましょう。
善玉菌は食物繊維が大好物です。

ざっくりとした方法

・白米ではなく玄米を
・野菜をたっぷりとる。イモやレンコン、ゴボウ
・食物繊維は互いに作用します。多種類の食品から摂取
・ストレスをなるべく排除する。
ストレスは腸内フローラの形成に大きく影響します。

基本的な対処法です。
乳酸菌を摂取するだけではほとんど腸まで生きて届きませんので乳酸菌サプリが大活躍するという事です。

どのサプリも効果はあると思いますがせっかくなら理に適ったものを使いたいですよね。

選ぶ時には是非その辺りを考えてください。

過去記事:乳酸菌サプリの本当に公平な選び方

腸内環境でお悩みの多くの方に、少しでも乳酸菌の素晴らしさを広めたいと思っています。

この記事で少しでもためになる事がありましたら「いいね!」をいただけるととても嬉しいです(^^)/

シェアして日本の腸内環境を改善する!

乳酸菌パワーでラクラク痩せられるようになるメルマガ

当サイト管理人のニノが実際に104日間5.5㎏痩せた方法を無料で大公開します。

9日間のメールマガジンにまとめましたのでお楽しみに♪♪

即戦力の乳酸菌力アップとして
全20ページに渡る渾身のレポートを
期間限定でお付けします♪

レポートタイトル
「あなたの近くのスーパーでヨーグルトを買うならこれで決まり!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です